特集


NY株、一時400ドル安=ファーウェイめぐる懸念で

2019-05-24 00:40

【ニューヨーク時事】23日午前のニューヨーク株式相場は、米中経済関係の悪化を懸念して大幅続落し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比で一時400ドル余り下げた。午前10時5分現在は362.21ドル安の2万5414.40ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は107.84ポイント安の7643.00。
中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と取引関係にある米国外の企業が、相次ぎファーウェイとの取引停止を表明。米中両国の「貿易戦争」が制裁関税の応酬から、ハイテク産業をめぐる覇権争いにも拡大しつつある中、取引開始から売りが殺到した。
[時事通信社]

その他 特集記事