特集


車に不具合見つからず=87歳男性、運転ミスか―母子死亡の暴走事故・警視庁

2019-04-20 16:42

東京・池袋で高齢男性の運転する乗用車が暴走して女性(31)と娘(3)が死亡し、8人が負傷した事故で、これまでのところ乗用車に不具合は見つかっていないことが20日、警視庁への取材で分かった。同庁は、男性が運転操作を誤ったのが事故原因とみている。
警視庁によると、乗用車を運転していたのは東京都板橋区の無職飯塚幸三さん(87)。事故の直後、息子に電話をかけ、「アクセルが戻らなくなり、人をひいた」などと説明していた。
一方、同庁が調べたところ、アクセルペダルやブレーキペダルの周辺に、動きを妨げるようなペットボトルなどの障害物はなかった。また、乗用車が事故後に停車した際、エアバッグは正常に作動していた。他の機器にも不具合はなかったとみられる。
[時事通信社]

その他 特集記事