特集


小林陵「総合V気にしていない」=スキー・ジャンプ

2019-03-09 00:29

【オスロ時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプで、男子の個人第23戦(本戦10日)に臨む小林陵侑(土屋ホーム)ら有力選手が8日、開催地のオスロで記者会見した。W杯総合得点で首位を独走する小林陵は、この試合の結果次第で日本勢初の総合優勝が決まる可能性がある。それでも、「今は全く気にしていない。自分がどんなジャンプができるか楽しみ」と落ち着いた様子で語った。
女子の個人第18戦も開催され、高梨沙羅(クラレ)は「ジャンプ発祥の地と言われるここで試合ができるのは幸せ。ベストの結果を残したい」と話した。
[時事通信社]

その他 特集記事