特集


政府、辺野古工事を続行=安倍首相「基地負担軽減へ全力」

2019-02-25 12:03

安倍晋三首相は25日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票で反対票が投票総数の7割を超えたことについて、「結果を真摯(しんし)に受け止め、基地負担軽減に向けて全力で取り組んでいく」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。岩屋毅防衛相は埋め立て工事を続行する方針を明言した。移設見直しを求める県との対立が激化するのは必至だ。
首相は「住宅や学校に囲まれ、世界で最も危険といわれる普天間基地が固定化され、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない」と指摘。「日米が全面返還に合意してから20年以上実現されていない。これ以上先送りすることはできない」と表明し、日米合意に基づき、辺野古移設を急ぐ立場を改めて強調した。「県民との対話を続けていきたい」とも語った。この後の衆院予算委員会でも同様の考えを示した。
岩屋防衛相は国会内で記者団に「沖縄の皆さんに丁寧に、誠心誠意説明をして、ご理解をお願いしながら、工事は進めたいと考えている」と述べた。菅義偉官房長官は記者会見で、玉城デニー知事から辺野古移設に代わる具体策の説明がないとして「極めて残念なことだ。ぜひ知事の考えをうかがってみたい」と語った。
[時事通信社]

その他 特集記事