特集


沖縄県民投票進む=辺野古埋め立てめぐり

2019-02-24 19:31

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票は24日、投票が行われた。玉城デニー知事ら「オール沖縄」勢力が移設反対の民意を示そうとするのに対し、自民、公明両党などは世論の盛り上がりを警戒しており、反対票の伸びや投票率が焦点となる。
一部を除き午後8時に投票が締め切られる。即日開票され、深夜に大勢が判明する。午後6時現在の中間投票率は26.29%で、昨年9月の知事選を4.63ポイント上回っている。
[時事通信社]

その他 特集記事