特集


韓国大統領「空白望ましくない」=米朝協議再開へ支援指示

2019-03-04 17:30

【ソウル時事】ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が合意に至らないまま終わったことを受け、韓国の文在寅大統領は4日、国家安全保障会議(NSC)を主宰した。文氏は席上、「米朝対話が最終的には妥結すると信じているが、対話の空白やこう着が長く続くことは決して望ましくない」と述べ、米朝実務協議の速やかな再開に向け、支援していくよう関係部署に指示した。
[時事通信社]

その他 特集記事