特集


米朝会談、中国へのメッセージも=トランプ氏の交渉手法で―西村官房副長官

2019-03-03 19:41

西村康稔官房副長官は3日、東京都内で講演し、米朝首脳会談が合意に至らなかったことに関し「強い交渉力を発揮するという(トランプ)大統領独特のやり方だろう」と述べた。その上で、大詰めを迎えた米中貿易協議に触れ、「今回の米朝のやり方、共同声明もなく、昼食会をキャンセルしたということは、中国への一定のメッセージ、プレッシャーになっている」と指摘した。
[時事通信社]

その他 特集記事