特集


米韓合同演習の規模縮小=北朝鮮との緊張緩和で

2019-03-02 07:34

【ワシントン時事】米NBCニュースは1日、米韓両軍が毎年春に実施する野外機動訓練「フォール・イーグル」と、指揮系統を確認する「キー・リゾルブ」の両合同演習について、規模を縮小し項目を絞り込んだ訓練に切り替える方針を決めたと報じた。北朝鮮との緊張緩和に向けた取り組みの一環で、近く正式発表される見通し。
米当局者はNBCに、演習規模縮小はしばらく前に決まったもので、2月27、28両日の米朝首脳会談とは無関係だと説明した。米軍幹部が縮小後の訓練内容の策定を進めており、大規模な部隊動員を伴わないコンピューター・シミュレーションもこれまで以上に活用するという。
[時事通信社]

その他 特集記事