特集


英独首脳が会談=EU離脱延期を議論

2019-04-09 22:35

【ベルリン時事】メイ英首相は9日、ベルリンを訪問し、ドイツのメルケル首相と会談した。英国の欧州連合(EU)離脱延期を議論するEU首脳会議を10日に控え、主要国ドイツと協議。地ならしをした上で首脳会議に臨む方針だ。
英政府は会談後に発表した声明で「秩序だった離脱を目指すことで両首脳が一致した」と表明。独政府も「離脱後も英国と緊密な関係を維持することを望む」との声明を発表したが、延期の是非には触れなかった。
離脱期限は当初の3月29日から4月12日に延期されたが、メイ氏はさらに6月30日までの延期を要求。メルケル氏は延期が決まらないままの「合意なき離脱」は避けたい方針だが、最悪の事態への「準備はできている」とも述べている。
[時事通信社]

その他 特集記事