特集


貿易摩擦の影響議論=結束試されるG20―11日から財務相会議

2019-04-09 19:12

11、12両日に米ワシントンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の議題が9日、固まった。米中貿易摩擦の影響や経常収支の不均衡是正について議論する。貿易摩擦に端を発し世界経済の減速懸念が強まる中、G20が結束して対応できるかが試される。混迷する英国の欧州連合(EU)離脱問題についても議論する見通しだ。共同声明は出さない予定。
トランプ米大統領は2国間協議を通じて貿易赤字の削減を日中などに迫っている。これに対し、G20議長国を務める日本は、モノの輸出入だけでなく、サービスや金融のやりとりを含む経常収支で経済不均衡の問題を議論すべきだと主張。G20会議の主要議題に掲げている。
[時事通信社]

その他 特集記事