特集


野党と早期合意目指す=EU離脱めぐりメイ英首相

2019-04-07 21:07

【ロンドン時事】メイ英首相は6日の声明で、英国が欧州連合(EU)を「混乱なく速やかに離脱することを望んでいる」と述べ、議会で三たび否決された政府の離脱案の修正をめぐり、最大野党の労働党と早期合意を目指すと改めて訴えた。
EU離脱は当初の3月29日から今月12日に延期され、さらに6月30日への再延期を首相がEUに要請している。しかし、10日のEU首脳会議までに労働党と妥結できなければ、EUは英国が6月末に離脱できるか不確実だと判断し、最長2年程度の延期を提案したり、12日での「合意なき離脱」を迫ったりする可能性がある。
メイ首相は声明で、EUの根幹を成す「関税同盟」への事実上の残留など、労働党が要求している点について、「歩み寄りの基礎」となる共通理解は既にあると指摘し、譲歩に踏み切る用意を示唆した。
[時事通信社]

その他 特集記事