特集


英首相と野党、溝埋まらず=EU離脱打開へ協議続行

2019-04-04 09:05

【ロンドン時事】英首相報道官は、欧州連合(EU)離脱をめぐる行き詰まりの打開に向けて3日に行われたメイ首相と最大野党・労働党のコービン党首の会談が「建設的だった」と評価する声明を発表した。一方、コービン氏は首相の姿勢に「期待したほどの変化はなかった」と不満を漏らしており、溝は埋まらなかったもようだ。
英国の離脱期限は12日。双方は週内の決着を目指して4日も協議を続ける。
首相は三たび否決された政府の離脱案について、現在の内容のまま議会通過を実現させることを断念。労働党の主張を受け入れた妥協案をまとめることで、多数の支持を得る方針に切り替えた。
[時事通信社]

その他 特集記事