特集


強硬姿勢から様変わり=対北朝鮮、成果強調―米大統領

2018-09-26 06:26

【ニューヨーク時事】トランプ米大統領は25日午前(日本時間同日夜)、国連総会で一般討論演説を行い、北朝鮮問題に関し、6月の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実現など外交成果を強調した。北朝鮮の「完全な破壊」を警告し、世界中を震撼(しんかん)させた昨年の演説での強硬姿勢から様変わりした。
「(弾道)ミサイルもロケットも発射されていない。核実験も停止された」。トランプ氏は演説で米朝首脳会談の成果を誇示。「衝突への不安を平和のための大胆で新しい取り組みに置き換えた」と自賛し、安倍晋三首相や韓国の文在寅大統領、中国の習近平国家主席への謝意を表明した。
背景には、与党・共和党の苦戦が伝えられる11月の中間選挙を前に、北朝鮮との対話を外交成果として強調したいトランプ氏の意向があるとみられる。さらにトランプ氏は、正恩氏との2回目の会談開催に前のめりになっており、24日には記者団に「(開催が)近く発表される」と語った。
ただ、北朝鮮は核施設の廃棄に条件を付けるなど非核化の具体策をめぐって米朝間の隔たりが解消していない可能性もある。トランプ氏も演説で「やるべき多くのことが残っている」と認めており、非核化をめぐる米朝交渉が進展し、額面通りに外交成果となるかは不透明だ。
[時事通信社]

その他 特集記事