特集


正恩氏から「前向きな書簡」=トランプ氏、交渉継続に意欲

2018-09-08 06:28

【ワシントン時事】トランプ米大統領は7日、大統領専用機中で記者団に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から近く、書簡を受け取る予定だと述べ、「前向きな内容になる」との見通しを示した。「書簡はきのう、境界線で手渡された」と指摘した。南北軍事境界線のある板門店で米側に渡されたとみられる。いつ手元に届くかは明らかにしなかった。
先月末に予定されたポンペオ国務長官の訪朝が中止になるなど北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉は停滞しているが、トランプ氏は「プロセスを始める必要がある」と述べ、交渉継続に意欲を見せた。ただ、交渉を統括するポンペオ氏は6日、「やるべきことがまだたくさんある」と慎重な姿勢を示すなど、両氏の発言に温度差もある。
[時事通信社]

その他 特集記事