特集


板門店で米朝協議か=米兵遺骨めぐり―韓国報道

2018-09-08 00:12

【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは7日、韓国政府筋の話として、国連軍司令部と北朝鮮軍が同日、板門店の北朝鮮側で将官級軍事会談を開き、米兵の遺骨返還をめぐり協議したと報じた。国連軍司令官は在韓米軍司令官が兼務しており、事実上の米朝協議とみられる。
7月27日に北朝鮮が米兵の遺骨返還を行って以降、米朝軍事当局間の接触は初めて。
聯合によると、軍事会談では、米兵の遺骨の追加返還や北朝鮮地域での共同発掘調査について協議。米側は朝鮮戦争で激戦地となった咸鏡南道の長津湖周辺などでの共同発掘を求めた。韓国政府筋は「会談の雰囲気は悪くなかった」と指摘し、米側の提案に北朝鮮は肯定的な反応を示したという。
[時事通信社]

その他 特集記事