特集


豊洲市場で10メートルのひび割れ=開場へ影響なし―東京都

2018-09-11 20:42

東京都は11日、築地市場(中央区)から移転する豊洲市場(江東区)の敷地で幅約10メートル、段差約5センチのひび割れが見つかったと発表した。10月11日に予定されている開場への影響はないという。
ひび割れは、市場西側の建物部分と外の舗装部分の境にあるトラックの荷下ろし場で見つかった。建物周辺に施した盛り土部分の地盤が水分などを失い、徐々に沈下したという。都は「一定の時間が経過することで沈下は収束する」と説明。今後は開場までに補修し、定期的に点検する。
[時事通信社]

その他 特集記事