特集


貴乃花親方の退職を議論へ=1日に臨時理事会―相撲協会

2018-09-30 18:01

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職を願い出たことを受け、協会は1日午後に臨時理事会を開く。弟子らの部屋転属に関わる「所属先変更願」を承認した後、貴乃花親方から出された引退届を退職届として扱うのかどうかを議論する見込み。弟子の転籍が認められれば「貴乃花部屋」は消滅する。
貴乃花部屋からは小結貴景勝ら力士8人と床山、世話人の計10人が千賀ノ浦部屋に移る。変更願については移籍先の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名と押印がなかったり、原本ではなかったりする不備があったが、協会は9月29日に提出された書類で臨時理事会に諮れることを確認した。
[時事通信社]

その他 特集記事