特集


貴乃花親方側、書類を追加提出=大相撲

2018-09-27 12:47

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職を願い出たことに関し、同親方の代理人が27日、東京・両国国技館を訪れ、弟子らの部屋の転属に関わる追加書類を提出した。代理人によると、協会側は事務職員が受け取った。
協会は貴乃花親方が25日に提出したのは引退届であり、退職届ではないため受理できないとの認識を示し、弟子らの千賀ノ浦部屋への転属届も不備があるとしていた。
この日代理人は引退届を退職届として扱ってほしいという上申書と、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名、押印を添えた「所属先変更願」を提出したという。
[時事通信社]

その他 特集記事