特集


はやぶさ2、探査ロボ投下成功=世界初、小惑星上の移動目指す―JAXA

2018-09-21 19:22

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機「はやぶさ2」が搭載する2台の小型探査ロボット「ミネルバ2―1」を小惑星「りゅうぐう」に向けて投下したと発表した。着地後に内蔵モーターの力でジャンプしてりゅうぐうの表面を移動し、複数の場所での写真撮影などを試みる。
JAXAは2005年、初代「はやぶさ」でも、小型探査ロボット「ミネルバ」を小惑星「イトカワ」に向けて投下したが、放出タイミングがずれて着地に失敗した。今回は地球から約3億キロ離れたりゅうぐうで、約13年ぶりの再挑戦となる。
責任者の津田雄一JAXA准教授は記者会見で、「初代ミネルバの時の悔しさを現場で感じ取った者として、想定通り分離できたのはうれしかった」と述べた。
はやぶさ2は20日、りゅうぐうの上空20キロから降下を開始。上空約55メートルに到達した21日午後1時6分ごろ、2台を赤道の北側に向けて投下した。約18分後に信号が届き、津田准教授が同35分に投下成功を宣言した。2台は15〜30分かけて落下したとみられ、22日以降に着地の成否が判明する見通し。
はやぶさ2は、3台のミネルバ2を搭載しており、21日に投下したのはJAXAと会津大(福島県会津若松市)などが開発した2台。いずれも直径18センチ、高さ7センチの円筒形で重さは約1キロある。
重力が地球の約8万分の1しかないりゅうぐうでは、空回りするため車輪を使った移動はできない。このためミネルバ2―1はモーターの回転による反動を利用し、跳びはねる方式を採用した。地表を撮影してはやぶさ2に送信し、自分の判断で別の場所にジャンプして観測を繰り返す。
小惑星などへの投下後、天体表面を移動して観測したケースはなく、成功すれば世界初となる。
はやぶさ2は10月3日にドイツ、フランスが製作した観測用小型着陸機「マスコット」を投下する。東北大などが開発した「ミネルバ2―2」は来年投下の予定で、はやぶさ2本体も10月下旬にりゅうぐうに着地し、試料の採取に挑む。
[時事通信社]

その他 特集記事