特集


はやぶさ2、着陸リハーサル開始=高度40メートル以下まで降下―JAXA

2018-09-11 20:21

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、10月下旬に予定している探査機「はやぶさ2」の小惑星「りゅうぐう」への最初の着陸に向けたリハーサルを開始した。高度40メートル以下まで接近し、着陸予定エリアの詳細な地形を調査する。JAXAは10月中旬にもリハーサルを行い、着陸地点を最終決定する。
はやぶさ2は6月27日、りゅうぐうの上空約20キロに到着。JAXAは8月、比較的大きな岩が少ない、赤道付近の三つのエリアを最初の着陸地点候補に選定した。
JAXAは11日午後、はやぶさ2の降下を開始。12日午後2時半ごろには、高度40メートル以下まで接近する。その後再び上昇し、13日以降、高度約20キロの観測基準点に戻る。
[時事通信社]

その他 特集記事