特集


交番に包丁持ち込み男逮捕=「拳銃で殺してほしかった」―神奈川県警

2018-09-20 12:31

川崎市内の交番に包丁を持ち込んだとして、神奈川県警多摩署は19日、銃刀法違反容疑で自称川崎市多摩区生田のアルバイト金井達基容疑者(22)を現行犯逮捕した。「警察官を脅して拳銃で撃ってもらい死にたかった」と話し、容疑を認めているという。
逮捕容疑は19日午後9時25分ごろ、同区の生田交番で、正当な理由がないのに刃渡り約11センチの包丁を所持した疑い。
同署によると、金井容疑者が訪れた際、同交番は無人だった。同容疑者は交番内で座って待っていたが、警察官2人が戻ると手に持っていた包丁を机に置いたという。
金井容疑者は「自殺願望があった。犯人が死亡した仙台のニュースも交番を襲おうと思った理由の一つ」などと話しており、同署が詳しい動機などを調べている。
[時事通信社]

その他 特集記事