特集


交番で巡査長刺され死亡=別の警官が3発発砲―容疑者の男死亡・宮城県警

2018-09-19 13:25

19日午前4時5分ごろ、仙台市宮城野区東仙台の宮城県警仙台東署の東仙台交番で、勤務中の清野裕彰巡査長(33)が刃物を持った男に刺された。交番にいた男性巡査部長(47)が男に向けて3発発砲。巡査長と男は病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。県警は男の身元確認を急ぐとともに、殺人容疑で調べている。
同署などによると、男は19日午前4時ごろ、「現金を拾った」と交番を訪れ、清野巡査長と巡査部長が対応した。その後、巡査部長は別室に戻ったが、争うような怒鳴り声が聞こえたため、駆け付けたところ、清野巡査長が血まみれになって倒れていた。当時、交番には他に警察官2人がいたが仮眠中だった。
男は刃物とマシンガンのようなものを持っており、襲い掛かってきたことから、巡査部長は「刃物を捨てろ」と警告。従わなかったため3発、発砲した。清野巡査長が拳銃を取り出した形跡はなかったという。
刃物は柄の部分を含め長さ約30センチ。県警はマシンガンのようなものが本物か鑑定を急いでいる。交番に防犯カメラはなく、同署は清野巡査長らが防刃ベストを着用していたかについて明らかにしていない。
清野巡査長は2013年に県警に採用され、17年4月から同交番に勤務していた。
現場はJR東仙台駅の北西約200メートルの住宅街。近くには中学校がある。
県警は拳銃の使用について、「適切だったと考えている」としている。
松岡亮介県警本部長は「将来ある警察官が職に殉じたことは痛恨の極み。引き続き県民の安全安心の確保に努める」とのコメントを出した。
[時事通信社]

その他 特集記事