ニュース

一覧へ

ニュース

月周回で民間ロケット活用も=既存計画間に合わず―NASA長官

2019-03-14 14:30

 【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は13日、将来の月や火星への有人飛行を視野に開発中の大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」について、来年6月に計画する月周回無人飛行での使用は難しいと表明した。その上で、民間が開発した既存ロケットによる計画実行も検討していることを明らかにした。
 SLSは米ボーイングが製造。欧州宇宙機関(ESA)と共同開発した宇宙船「オリオン」を搭載し、スペースシャトルの後継機として国際宇宙ステーション(ISS)への要員輸送のほか、月や火星の有人探査に活用する構想だが、計画は遅れている。
 13日の米上院商業科学運輸委員会で、ブライデンスタイン長官はSLSが来年6月には間に合わないことを認めた。その上で「来年6月の月周回は実施すべきだし、可能だ」と指摘。「あらゆる選択肢を検討中で、その中には民間ロケットの活用も含まれる」と語った。 
[時事通信社]

その他 国際

国際一覧へ

写真特集

バンクシー作品

本田真凜

大谷翔平

大坂なおみ


写真特集一覧へ