ニュース

一覧へ

ニュース

ブラジルの学校で乱射、生徒ら8人死亡=犯人の元在校生2人は自殺

2019-03-14 08:59

 【サンパウロ時事】ブラジル南東部サンパウロ東郊のスザノ市で13日午前9時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、男2人が中高一貫の州立学校に侵入して拳銃を乱射し、15〜17歳の生徒5人を含む7人を殺害した。犯人らは直前に近くで男性を射殺しており、犠牲者は8人となった。11人が負傷して病院に運ばれた。
 犯人は17歳の少年と25歳の男で、ともに元生徒。正門に車を乗り付けて校舎に侵入、休み時間でくつろいでいた生徒らに向けて無差別に発砲し、犯行後に現場で自殺した。
 動機は判明していないが、ボウガンや火炎瓶などを持ち込んでおり、計画的犯行とみられる。17歳の少年は事件直前にインターネット交流サイト(SNS)に拳銃を構える画像などを投稿。校舎内でも少年が発砲していたといい、事件を主導したとみられる。
 現場に居合わせた生徒らはパニックに。塀を乗り越えて校外に逃れた15歳の男子生徒は、地元紙に「運動場で銃声を聞いた。黒い服を着た犯人の1人を見た」と証言。ボルソナロ大統領はツイッターで「とてつもなくひきょうで、極悪非道な行為だ」と非難した。 
[時事通信社]

その他 国際

国際一覧へ

写真特集

大坂なおみ

ジュエリードレッサー

大谷翔平

乾友紀子


写真特集一覧へ