ニュース

一覧へ

ニュース

J1仙台の監督ら追悼=「復興のシンボルとして」―東日本大震災8年

2019-03-11 18:18

 東日本大震災から8年を迎えた11日、サッカーのJ1に所属するベガルタ仙台の渡辺晋監督らチーム関係者が仙台市青葉区の公園に設けられた献花台に花を手向け、犠牲者に祈りをささげた。
 雨が時折強まる悪天候の中、渡辺監督の他、大岩一貴選手らが追悼のために公園を訪れて献花。市内の施設で開かれた追悼式の様子が大型モニターに映し出されると、それを静かに見守り、地震発生時刻の午後2時46分に合わせ、集まった市民らとともに黙とうした。 

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

ジュエリードレッサー

本田真凜

大谷翔平

美しい顔


写真特集一覧へ