ニュース

一覧へ

社会ニュース

15日、終戦74年=令和初、陛下がお言葉―東京で全国戦没者追悼式

2019-08-14 14:34

終戦から74年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。令和最初の追悼式で、天皇、皇后両陛下が5月の即位後初めて出席し、天皇陛下がお言葉を述べられる。追悼式には安倍晋三首相や全国の遺族ら計約7000人が参列する予定。太平洋戦争などで犠牲となった約310万人を悼み、平和への誓いを新たにする。
追悼式は午前11時50分ごろ開始。安倍首相の式辞後、正午に1分間、参列者全員で黙とうする。天皇陛下のお言葉に続き、遺族代表らが追悼の辞を述べる。
厚生労働省によると、参列予定の遺族は5391人。最高齢は97歳、最年少は4歳で、70代以上が8割近くに上る。戦没者の父母の参列は9年連続でなく、妻の参列は過去最少の5人にとどまる予定。戦後生まれは過去最多の1650人で、全体の3割を超えるなど、遺族の世代交代が進んでいる。
戦没者は軍人・軍属約230万人と一般国民約80万人で、海外で亡くなった人は約240万人。15日は他にも各地で追悼行事が行われ、計約4万1000人が参列する見込み。
[時事通信社]

その他 社会

社会一覧へ

写真特集

バンクシー作品

ジュエリードレッサー

ハンサムな顔

乾友紀子


写真特集一覧へ