2022.05.14 22:44Nation

山中の骨、不明女児と断定 鑑定でDNA型一致―事件、事故両面で捜査・山梨県警

 山梨県道志村の山中で見つかった人の肩甲骨について、県警は14日、DNA型が一致したとして、2019年9月に近くのキャンプ場で行方不明となった小学1年の小倉美咲さん=当時(7)、千葉県成田市=のものと断定した。事件と事故の両面から美咲さんが死亡した経緯を調べる。
 山梨県警は、肩甲骨が生命維持に欠かせない部位であることを理由に、美咲さんは死亡したと判断した。死因や死亡時期は不明としている。美咲さんの母とも子さん(39)には同日、鑑定結果を伝達。「なるべく多くのものをご家族にお返ししたい」として、15日も遺留品などの捜索を続ける。
 県警によると、DNA型が一致したのは4日の捜索で見つかった死後数年経過した右の肩甲骨で、数センチ四方の骨。捜査関係者によると、鑑定に際し、家族から美咲さんのへその緒などの提供を受けていた。先月発見された頭骨は、ミトコンドリアDNA型鑑定で母親との血縁関係に矛盾がないとされたが、個人を特定するDNA型が検出できていなかった。(2022/05/14-22:44)

2022.05.14 22:44Nation

Bone Found in Central Japan Belonged to Missing Girl: Police


The police department of Yamanashi Prefecture has concluded that a human shoulder blade recently found in a mountain area in the central Japan prefecture belonged to a girl who went missing from a nearby campsite in 2019, the police said Saturday.
   The girl, Misaki Ogura, then a 7-year-old elementary school first-grader, disappeared during her visit to the campsite in the village of Doshi in Yamanashi with her family and friends in September 2019.
   The shoulder blade was found on May 4 near the place where a human skull fragment was discovered.
   The DNA type of the shoulder blade matched that of the girl from the city of Narita, Chiba Prefecture, eastern Japan, the Yamanashi police said. The police department will investigate the cause of Misaki's death, suspecting the possibility of the girl having been involved in an accident or a crime.

最新ニュース

写真特集

最新動画