2024-06-14 23:33国際

ローマ教皇が初参加=AI「倫理」規制を提唱―G7サミット

 【ファサーノ時事】イタリア南部プーリア州で開かれている先進7カ国首脳会議(G7サミット)に14日、フランシスコ・ローマ教皇が出席した。人工知能(AI)に関する会合で、倫理に即した規制を提唱した。ローマ教皇がG7サミットに参加するのは初めて。
 イタリアのメローニ首相が、教皇の意見は「AIの規制、倫理、文化の枠組みの定義に対する決定的な貢献」になるとして参加を招請した。
 教皇は演説で「技術は(特定の)目的を持って誕生する。革新は決して中立でない」とした上で、AIを使い、人間の判断を介さずに攻撃する「自律型致死兵器システム(LAWS)」の開発・使用について再考を要請。AIが兵器に利用されることに懸念を示した。
 教皇はかねて、人権保護や平和推進、公平性、透明性といった観点からAIを規制し、安全性を高める国際条約の制定を訴えている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集