2024-04-08 16:55World eye

危険な暑さで1万校以上が遠隔授業に フィリピン

【マニラAFP=時事】フィリピン教育省は5日、国内の一部地域で危険な暑さに達したため、1万校以上の学校が遠隔授業に踏み切ったと明らかにした。≪写真は、フィリピン・マニラで下校する児童に付き添う保護者≫
 フィリピンは通常、3~5月に最も暑く、乾燥する時期になるが、今年はエルニーニョ現象でさらに気温が上昇。多くの学校にはエアコンがなく、子どもたちは換気の悪い密集した教室で汗だくになっている。
 全国4万7000以上の学校を統括する教育省は、「猛暑を含む災害時には」遠隔授業に切り替える権限を学校長に与えている。
 5日の公式発表によると、前日の4769校に続き、5288校が遠隔授業を行い、360万人以上の児童・生徒に影響が出た。一部の学校は、最も暑い時間帯を避けて短縮授業を行った。
 予報によると、5日は複数地域で湿度も考慮した体感温度を示す暑さ指数が42~43度の「危険」レベルに達した。マニラの暑さ指数は40度で、熱けいれんや倦怠(けんたい)感の恐れもある「厳重注意」レベルとされた。マニラの実際の最高気温は35.5度だった。
 気象予報士のロリー・デラ・クルス氏はAFPに対し、実際の気温はこの時期としては「平年並み」だと指摘。例年5月前半が最も暑い時期だと説明し、「まだ初夏なので、これからさらに暑くなるだろう」と述べた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集