2024-01-26 17:06World eye

マチュピチュ観光列車、デモ隊が線路封鎖 入場券販売方法変更に抗議

【ペルーAFP=時事】ペルーにあるインカ帝国時代の城塞(じょうさい)都市遺跡マチュピチュで25日、入場券販売の民営・オンライン化に抗議するストライキやデモが行われた。≪写真はマチュピチュプエブロ近くの線路を封鎖した、オンラインでのチケット販売に反対するデモ隊≫
 ツアー業者や土産物店は抗議のために休業。観光列車の線路を住民らが封鎖したため、観光客は遺跡の入り口までの残り3キロを歩くことを余儀なくされた。
 警察は夕方、催涙弾を使って線路をふさいでいたデモ隊を解散させた。逮捕者はない。
 観光客は抗議デモによって旅程を乱されたが、文化省のSNSはマチュピチュへの訪問は「完全に平常通り」だとしていた。
 地元団体は、入場券販売を請け負う企業は年間320万ドル(約4億7000万円)もの手数料を稼ぐことになるとして非難している。
 国連教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産のマチュピチュ遺跡は、人気の観光地となっており、劣化が激しい。政府は昨年9月、遺跡内の3か所を一時閉鎖した。
 一方、1日当たりの入場券の発行数は今月、それまでの最大3800枚から4500枚に増やされた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集