2023-12-26 18:50政治

万博でライドシェア活用を=解禁対象の具体化求める―規制改革会議

 政府の規制改革推進会議(議長・冨田哲郎JR東日本会長)は26日、首相官邸で開いた会合で中間答申を決定した。一般ドライバーが自家用車を使って有償で乗客を運ぶ「ライドシェア」について、2025年大阪・関西万博で活用することを想定。解禁対象を具体化するよう政府に求めた。
 政府はライドシェアに関し、タクシー会社の運行管理の下で来年4月から一部解禁する方針。タクシー配車アプリのデータに基づき、タクシーが不足する地域や時間帯を特定して一般ドライバーを活用できるようにする。答申は、こうした不足地域などについて「合理的に予測される場合を含む」と明記し、大阪・関西万博での活用を念頭に柔軟な対応を求めた。
 岸田文雄首相は会合で「まずは自家用車や一般ドライバーを活用した新たな運送サービスが来年4月から実装されるよう、制度の具体化や支援を含めて順次取り組みを進める」と説明。新たな法制度については「来年6月の規制改革実施計画策定に向け、会議と連携して議論を進める」と述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集