2023-12-08 18:20社会

共同通信社、元ソウル支局長2人を懲戒解雇=計6000万円私的流用

共同通信のマーク
共同通信のマーク

 一般社団法人共同通信社は8日、韓国・ソウル支局長を務めた外信部次長2人が支局長在任中、本社から送金された運営資金計約6000万円を私的に流用していたと発表した。同日付で2人を懲戒解雇し、当時の外信部長ら4人を戒告処分とした。水谷亨社長らは報酬の一部を返上する。
 同社によると、2012年4月~18年2月に支局長だった50代次長は、本社から毎月送金される運営資金をウォンに両替した際、実際よりも低い為替レートで会計報告し、差額約3230万円を着服していた。後任の40代次長も同様の手口で昨年8月までに約2780万円を得たという。
 40代次長が帰国した際に社に相談して発覚した。2人は経費と認められた分を除く計約5780万円をすでに返還したという。同社は着服金の使途を明らかにしていないが、警察への被害届は出さないとしている。
 江頭建彦総務局長の話 悪質な不正行為で、重い処分が相当と判断した。これまで以上に職員の規範意識を高め、社のガバナンス強化に努める。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集