2023-12-08 16:45スポーツ

別海、大洲など候補=来春センバツの21世紀枠―高校野球

 日本高校野球連盟は8日、来春の第96回選抜大会(3月18日開幕、甲子園球場)に出場する21世紀枠の候補校として別海(北海道)、帝京大可児(岐阜)、大洲(愛媛)など9校を発表した。
 全国9地区から1校ずつ選ばれ、他は仙台一(宮城)、水戸一(茨城)、富山北部(富山)、田辺(和歌山)、岡山城東(岡山)、鶴丸(鹿児島)で、帝京大可児だけが私立校。今大会から21世紀枠は3から2に減り、出場校は来年1月26日の特別選考委員会で決まる。
 21世紀枠の選考には、練習環境をはじめとする困難な条件の克服や、地域貢献などの要素も加味される。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集