2023-12-08 12:20経済

円急騰、143円台前半=日銀政策修正を意識―東京市場

 8日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=143円台前半に急騰した。日銀が早期にマイナス金利を解除するとの観測が台頭したことで、日米金利差の縮小を意識した円買い・ドル売りが広がっている。午前11時現在は143円31~41銭と前日比2円40銭の円高・ドル安。
 前日、日銀の植田和男総裁が国会答弁で「年末から来年にかけて一段とチャレンジングな状況になる」と発言。市場で早期の政策転換を示唆した内容と受け止められ、円高が進行している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集