2023-12-08 11:42TOPICS

GDP、年2.9%減に下方修正=4期ぶりマイナス、消費下振れ―7~9月期改定値

東京都心部の高層ビル群(EPA時事、資料写真)
東京都心部の高層ビル群(EPA時事、資料写真)

 内閣府が8日発表した2023年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%減、この成長が1年続いた場合の年率換算で2.9%減となった。11月発表の速報値(前期比0.5%減、年率2.1%減)から下方修正された。内需の柱である個人消費が下振れしたほか、企業が在庫を積み増す動きが弱かったことが響いた。
 過去の数値が遡及(そきゅう)改定されたため4四半期ぶりのマイナス成長となる。
 個人消費は速報値の0.04%減から0.2%減に下方修正。最新の統計を反映した結果、食料品や衣服の消費が速報段階の想定より悪かった。企業による設備投資は0.4%減(速報値は0.6%減)と下げ幅を縮小した。 

最新動画

最新ニュース

写真特集