2023-12-06 22:00国際

プーチン氏、UAEとサウジ訪問=パレスチナ「停戦」訴え

 ロシアのプーチン大統領は6日、アラブ首長国連邦(UAE)を訪れた。タス通信が伝えた。サウジアラビアと併せて日帰りで歴訪し、パレスチナ情勢などを協議。イスラエルに肩入れせず「中立」を堅持し、イスラム組織ハマスへの非難を避けることで、アラブ諸国を含む新興・途上国「グローバルサウス」の間での存在感を高める狙いもある。
 プーチン氏はUAEの首都アブダビでムハンマド大統領と会談。ロシアは「断続的な戦闘休止は有益だが、それでも恒久的停戦が成立し、人質が完全解放されることを望む」(ウシャコフ大統領補佐官)と訴えており、こうした立場で一致したもようだ。ムハンマド氏を来年10月にロシア中部カザンで開く新興5カ国(BRICS)首脳会議に招待した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集