2023-12-06 12:22政治

松野官房長官、秘密保護法を評価

 松野博一官房長官は6日の記者会見で、特定秘密保護法成立から同日で10年を迎えたことについて、北朝鮮のミサイル動向に関する情報収集を例に挙げ、「わが国の情報保全制度の信頼性が高まり、米国をはじめとする関係国との情報共有が一層円滑になり、核心に迫る情報が得られるようになったと評価している」と述べた。「知る権利」侵害への懸念に関しては「そのような事態は生じていない」と明言した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集