2023-12-06 12:11経済

賃金・物価の好循環「良い方向」=緩和出口「適切に判断」―氷見野日銀副総裁

 日銀の氷見野良三副総裁は6日、大分市で講演し、賃金と物価の好循環について「統計的な確度には不十分な部分があるが、賃金から物価への波及も幾分戻ってきている」とし、「良い方向のしるし」と評価した。その上で「好循環の状況をよく見極め、(大規模金融緩和からの)出口のタイミングや進め方を適切に判断する」と語った。
 氷見野氏は当面の金融政策について、賃上げを伴う形での2%の物価上昇目標の持続的・安定的な実現を見通せるまで「粘り強く緩和を継続する」と表明した。物価の先行きについては「今後インフレ率が下がっていくが、下がり過ぎないという微妙なラインを実現しないといけない」と強調した。企業が賃上げコストを価格に反映する動きに対しては「現状はまだら模様」との見方を示した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集