2023-12-06 13:11社会

56歳男、起訴内容認める=愛媛一家3人殺害―松山地裁

松山地裁=松山市
松山地裁=松山市

 愛媛県新居浜市で2021年、岩田友義さん=当時(80)=一家3人が殺害された事件で、殺人罪などに問われた無職河野智被告(56)の裁判員裁判の初公判が6日、松山地裁(渡辺一昭裁判長)であり、河野被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。判決は18日。
 検察側は冒頭陳述で、被告には統合失調症の影響があり、一方的に怒りを募らせて殺害に及んだが、責任能力は完全に失われていなかったと指摘。弁護側は、当時は心神喪失状態だったとして、無罪を主張した。
 起訴状などによると、河野被告は21年10月13日、新居浜市の住宅で岩田さんと妻のアイ子さん=同(80)、息子の健一さん=同(51)=をナイフで突き刺すなどし、失血死させたとされる。
 地検は河野被告の精神状態を調べるため、約3カ月間の鑑定留置を実施し、22年3月に起訴した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集