2023-12-06 07:19国際

米、入植者のビザ発給制限へ=西岸での襲撃容認せず

 【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は5日、イスラエルが占領するヨルダン川西岸で激化するパレスチナ人襲撃を巡り、関与したユダヤ人入植者に対し、ビザの発給を制限する方針を発表した。家族も対象となる可能性があり、バイデン政権として西岸での暴力を容認しない厳しい姿勢を示す狙いがある。
 ブリンケン氏は声明で「西岸の市民へのあらゆる暴力行為の責任を追及し続ける」と強調した。対象者は「西岸の平和と安全、安定を損なう行為に関与したとみられる個人」で、暴力に加え、生活必需品の入手を不当に妨げる行為も含まれる。
 パレスチナ当局によると、イスラム組織ハマスがイスラエルを攻撃した10月7日以降、西岸などで260人以上が死亡した。入植者の活動を監視する人権団体はロイター通信に対し、西岸での暴力事件の件数が今年、15年ぶりの高い水準を記録したと説明している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集