2023-12-05 21:45スポーツ

初優勝、得点王に続く栄誉=大迫、胸張れるMVP―Jリーグ・アウォーズ

 神戸のJ1初優勝、そして個人では得点王とのダブル受賞。FWとして初のMVPに輝いた大迫にとっては、この上ない栄誉となった。「素直にうれしい」。夫人と2人のまな娘から花束を渡されるサプライズに、勝負師の顔は一気にほころんだ。
 22得点7アシスト。FW本来の仕事もさることながら、一発で戦況を変えるパスや屈強なポストプレーも相手の脅威となった。「毎日毎日、努力、練習を続けて、最後の最後まで刺激のある毎日を送れた」と胸を張った。
 選手、監督による得票は、2位ショルツ(浦和)を引き離す221票。本人が今季のベストプレーと振り返ったのは、1―0で勝利した8月の川崎戦のゴールで、「プロで初めて決めたFK。決めた時は違う感情だったのでうれしかった」。
 今季の好調維持の要因に、コンディション管理を挙げた。「僕自身まだまだフィジカルは鍛え上げられると思っている。この冬は、それに挑戦しようと思っている。楽しみにしていてください」と力強く宣言。34歳となる来季も「半端ない」プレーが期待できそうだ。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集