2023-12-05 21:33

ウクライナ汚職対策を協議=G7作業部会が初会合

 法務省は5日、ウクライナの汚職対策を協議する先進7カ国(G7)作業部会の初会合を東京都内で開いた。各国による支援の実施状況を共有し、ウクライナのニーズを踏まえた取り組みにつなげる。2025年をめどに具体的な支援策をまとめたい考えだ。
 作業部会は、7月に東京で開かれたG7法相会合で、日本が主導して創設を決めた。G7各国やウクライナ、国際機関の担当者が参加。各国がそれぞれ実施している汚職対策支援について情報共有・分析を行う。 
 小泉龍司法相はビデオメッセージで「汚職は法の支配や人権尊重といった価値を脆弱(ぜいじゃく)にし、戦争からの迅速な復活・復興の障害となる。専門家の経験と知恵を結集し汚職との戦いに貢献することを願う」と述べた。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集