2023-12-04 20:37TOPICS

被害救済法案、5日衆院通過=自公国と立維、修正協議打ち切り―旧統一教会

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済法案について協議する与野党の実務者ら=4日午後、国会内
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済法案について協議する与野党の実務者ら=4日午後、国会内

 与野党5党は4日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に向けた議員立法2法案の修正協議を打ち切った。立憲民主、日本維新の会の2党は、包括的な財産保全の必要性を訴えたが、自民、公明、国民民主の3党は受け入れを拒否した。2法案は、5日の衆院法務委員会と衆院本会議で採決され、自公国案のみが賛成多数で可決される見通しだ。
 自公国3党は教団財産の監視を強化する特例法案、立維2党は教団財産の包括的な保全を可能にする特別措置法案を、それぞれ衆院に提出している。
 修正協議は4回目。自公国側は、訴訟費用などの返済を免除する要件を具体化した上で、付則に「財産保全の在り方の検討」を盛り込んだ修正案を提示している。
 立維側は、5日の衆院法務委の審議を踏まえ、自公国側の修正案への賛否を最終判断する。
 協議後、立民側の責任者を務める西村智奈美代表代行は、自公国側の修正案について「包括的な財産保全が大前提だ」としつつも、「一定の評価はできる」と指摘。賛成する可能性に含みを残した。 

最新動画

最新ニュース

写真特集