2023-12-03 17:46スポーツ

細谷、目標に届かず=福岡国際マラソン

力走する細谷恭平=3日、福岡・平和台陸上競技場
力走する細谷恭平=3日、福岡・平和台陸上競技場

 ただ一人の日本人招待選手として出場した細谷は、終盤に競り負けて4位。MGCファイナルチャレンジの設定記録に1分30秒以上届かず、「まだまだ努力が必要」と唇をかんだ。
 33キロすぎで4人となった先頭集団。勝負に徹した外国選手がけん制し合い、ペースは上がらなかった。タイムを意識した細谷は積極的に前に出たが、40キロすぎに集団から引き離された。「最後に勝ち切らなければ駄目」
 10月のMGCは転倒して途中棄権。幸いにも軽傷で済み、約1カ月半の短い間隔で自己2番目の2時間7分23秒を出したことには「今の状態でしっかり出し切って、次に生きるレースになった」と胸を張った。パリ五輪代表の3枠目を見据え、「まだ全然諦めていない」と闘志を燃やした。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集