2023-12-03 16:44スポーツ

川内、悔しさ晴らすV=防府読売マラソン

 昨年大会はけがの影響もあって17位に沈み、涙した川内。その悔しさを優勝で晴らした。先頭集団が3人に絞られた後、なかなか抜け出せなかったものの、40キロ付近でスパートして後続を振り切った。13度目の出場で5年ぶりに制し、「去年恥ずかしい走りをした。そのリベンジで優勝できてうれしい」と破顔した。
 10月に行われたパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、雨の中で終盤まで独走し、最後は4位。36歳は「とにかく勝ちたい、表彰台でいいと思ったら負けると、最後まで気を抜かずに頑張れた。MGCの悔しさも、この防府で晴らせたと思う」と声を弾ませた。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集