2023-11-30 20:22政治

被害救済2法案、溝埋まらず=与党、1日に採決構え

 自民、立憲民主など与野党5党は30日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済のための議員立法2法案について、国会内で修正協議を続けた。出席した被害者側は両案の統合を求めたが、溝は埋まらなかった。自民側は12月1日の採決を目指すが、立民側は協議継続を求めており、先行きは不透明だ。
 自民、公明、国民民主3党は教団財産の監視を強化する特例法案を、立民、日本維新の会2党は教団財産の包括的保全を可能にする特別措置法案をそれぞれ衆院に提出している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集