2023-11-30 15:41社会

ワクチン接種後死亡、遺族提訴=愛西市に4500万円請求―名古屋地裁

提訴後、記者会見する飯岡英治さん(右)ら=30日午後、名古屋市
提訴後、記者会見する飯岡英治さん(右)ら=30日午後、名古屋市

 愛知県愛西市の集団接種会場で昨年11月、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた飯岡綾乃さん=当時(42)=が直後に死亡した問題で、遺族が30日、同市に慰謝料など約4500万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。
 訴えたのは、飯岡さんの両親と夫の英治さん(46)。
 訴状によると、飯岡さんは昨年11月5日、集団接種会場でワクチンを接種。約5分後に息苦しさを訴えるなどして意識を失い、約1時間40分後に搬送先の病院で死亡した。
 遺族側は接種会場で医師が重いアレルギー反応「アナフィラキシー」の発症を疑い、アドレナリンを投与していれば死亡しなかったと主張。集団接種を指揮監督していた愛西市は賠償責任を負うと訴えている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集