2023-11-30 11:04社会

水しぶき上げ、亀蛇が舞う=熊本県八代市〔地域〕

 ユネスコ無形文化遺産に登録されている八代妙見祭の神幸行事が23日、熊本県八代市の八代神社(妙見宮)周辺で行われ、約15万人(主催者発表)の見物客でにぎわった。
 八代妙見祭は約390年の歴史がある。砥崎河原(とさきのかわら)では、神様が乗ってきたとされる亀と蛇が合体した想像上の動物「亀蛇(きだ)」が、「ほいほい」という掛け声に合わせて勇壮に演舞を披露すると、観客から盛んに拍手を受けていた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集