2023-11-30 06:41スポーツ

30年フランス、34年ソルトレーク開催へ=札幌は38年も厳しく―冬季五輪

 【パリ時事】国際オリンピック委員会(IOC)は29日、パリで理事会を開き、冬季五輪・パラリンピック開催候補地を2030年はフランス、34年はソルトレークシティー(米国)に絞り込んだ。来年7月にパリで開く総会での正式決定へ向けて本格協議に入る。
 38年大会はスイスと独占的に協議することになった。27年までは他の候補地とは話し合いをせず、スイスに対して詳細な開催計画策定を求める。
 札幌市は21年東京五輪を巡る汚職・談合事件の影響もあり、30年招致を10月に断念。34年以降に切り替えたが、34年の候補地に選ばれず、38年も厳しい見通しとなった。 
 フランスは南東部のアルプス地方での開催を計画。1924年の第1回シャモニー大会など過去3度の冬季五輪や主要国際大会の開催実績が評価された。2030年はスウェーデン、スイスも候補だった。ソルトレークシティーは正式に決まれば02年大会以来。既存施設の活用や、州民からの高い支持が認められた。
 冬季五輪開催候補地は気候変動の影響により今後減る見通しで、IOCは10月の総会で2大会同時選定案を承認した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集