2023-11-29 18:20政治

船舶拿捕で武器使用可=松野官房長官「海賊行為の疑いあれば」

 松野博一官房長官は29日の記者会見で、中東周辺の海域で武装組織による船舶の拿捕(だほ)が相次いでいる問題に関し、一般論とした上で「海賊対処法上の海賊行為である合理的な疑いがある場合には(自衛隊などが)武器を使用して対処できると考えている」と述べた。
 今月に入り、イエメンの武装組織フーシ派が紅海南部で日本郵船運航の自動車運搬船を拿捕。アデン湾でイスラエル系企業所有のタンカーが武装グループに一時拿捕された。松野氏はアデン湾の事案について、「行為の態様に照らし、海賊行為である合理的な疑いがあると判断したため、海賊対処部隊が現場で警戒監視、情報収集を実施した」と説明した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集